コンパクトカーにはこんなデメリットがある!

 

最近、人気上昇中のコンパクトカー。

 

軽自動車よりも大きいけれど、
燃費や税金がリーズナブルといったメリットがあり、
「ちょうど良い車」として、老若男女問わず人気を呼んでいます。

 

そんなコンパクトカーですが、デメリットはどうなのでしょうか?

 

 

まず1つは、「安定性がない」ということ。

 

もちろん、基本的な安定性はありますが、普通車と比較すると、
どうしてもその能力は劣ってしまいます。

 

そのため、安定性や走行性を重視したい人にとっては、
大きなデメリットとなってしまいます。

 

 

2つは、衝突安全性に難があるという点。

 

近年のコンパクトカーは、以前に比べ安全性の高いものが増えていますが、
それでも普通の乗用車に比べると低くなってしまいます。

 

またコンパクトであることも、安全性が低くなる要因。

 

手軽に運転できるという点ではメリットですが、
その分事故には弱いのがコンパクトカーです。

 

 

税金や燃費も、コンパクトカーの割には良いとされますが、
軽自動車と比較すると高くなってしまいます。

 

精勤と燃費の低さは、やはり軽自動車が一番ですからね。

 

これらのデメリットを理解し、コンパクトカーを選びましょう。