コンパクトカーについている自動ブレーキシステムとは

 

自動ブレーキとは、その名のとおり自動的にブレーキをする車のこと。

 

コンパクトカーでは、オプションで付けることができましたが、
メーカーによっては標準装備しているモデルもあります。

 

 

自動ブレーキにメリットは、なんといっても安全性に優れていることです。

 

ぶつかることもなく、誤発進もありませんから、万が一のときでも安心です。

 

さらに、“駐車しやすい”というのも、自動ブレーキの大きなメリット。

 

難しい駐車も、うっかり壁にぶつける心配がありません。

 

最近のコンパクトカーは、安全性能を強化しているモデルが多いですから、
自動ブレーキも標準装備している車が増えてきていますね。

 

 

 

ちなみにこの「自動ブレーキ」

 

軽自動車では標準装備されており、今や当たり前になっています。

 

コンパクトカーは標準装備が遅れていますが、
少しずつ自動ブレーキを標準装備しているモデルも増えてきているようです。

 

 

そんなコンパクトカーの自動ブレーキですが、
代表的な車といえば日産の「ノート」やスズキ「ソリオ」ですね。

 

日産ノートは新しく標準装備になったもので、安全面に優れています。

 

ドライバーの安全だけでなく、歩行者や周囲の車の安全も守ってくれるんですよ。