今までにあったコンパクトカーのブームについて

 

過去に、コンパクトカーには「ブーム」というものがありました。

 

その先駆けとなったのが「ヴィッツG’s(130系MT)」です。

 

優雅なデザインと円形のインテリアは、
オシャレでインパクトがあります。

 

 

ヴィッツが販売されるまでは、
日本国内でコンパクトカーはそれほど定着していませんでした。

 

ヴィッツを皮切りに、どんどん増えていったコンパクトカー。

 

その後は、フィットやマーチ、
キューブと続々とコンパクトカーが登場しました。

 

 

 

そんなコンパクトカーですが、
皆さんはコンパクトカーにどんなイメージを持っていますか?

 

コンパクトで乗りやすかったり、安い、
燃費性が良いといったメリットがあります。

 

メリットの基準は人それぞれですが、
やはりほとんどの方はコンパクトカー=安い車とイメージしているようです。

 

 

また、コンパクトカーは女性にも人気があります。

 

デザインも、女性向けに開発したものが多いですし、
軽自動車よりも安全という理由から、女性でも運転しやすいのでしょう。

 

 

近年も、コンパクトカーのブームが起こっています。

 

やはり女性からの指示が高く、小さなお子さんがいる家庭なんかは、
コンパクトカーを選ぶ方が多いと言われています。