コンパクトカーは安全性が高い?それとも低い?

 

車を選ぶうえで、「安全性」は重要です。

 

これはコンパクトカーだけではなく、普通車も軽自動車も同じ。

 

しかし、コンパクトカーや軽自動車って、
普通車に比べると安全性が低いと言われていますよね。

 

特に軽自動車は衝撃に弱く、危険性が高くなってしまいます。

 

最近でこそ安全性に優れた軽自動車が増えてきていますが、
それでも普通車よりはその性能は低くなります。

 

 

 

では、コンパクトカーはどうでしょう?

 

コンパクトカーは、軽自動車よりも大きく、
高速道路でも安心して運転することができます。

 

とはいえ、あくまで「コンパクトカー」
女性向けのデザインも多いですし、
どうしても安全に運転できるのか心配になりますよね。

 

 

 

結論から言いますと、コンパクトカーの安全性は軽自動車よりは高くなります。

 

しかし、普通車以上ということはありません。

 

普通車>コンパクトカー>軽自動車
この順に、安全性が高くなりますので、
コンパクトカーの安全性はまずまずといったところでしょうか。

 

 

 

安全性が高い車は、衝突や万が一の事故のときに、被害を軽減できます。

 

しかし、安全性の低い車は、事故に遭ったときに車体だけでなく
人間にも大きな被害が出る恐れがあり、非常に危険。

 

コンパクトカーは高速道路やスピードに優れていますが、
「安全性が高い」ということはなさそうです。

 

もちろんいろんな車種がありますし、
外車を含めると安全性の高いコンパクトカーは存在します。