ディーゼルエンジンのコンパクトカーについて

 

コンパクトカーは、コンパクトで乗りやすいというメリットがあります。

 

しかし、どうしても安く見えてしまうというデメリットがありますよね。

 

コンパクトカーは、使用している材料も安く、
エンジンも決して高いものを使っていません。

 

それが、コンパクトカーが安いと言われる所以なのでしょう。

 

 

とはいえ、決してコンパクトカーがデメリットばかりあるわけではありません。

 

さらに、最近はディーゼルエンジンを使用した、
“安っぽくない”コンパクトカーも出ています。

 

ただ、ディーゼルエンジンを使用することで、その分価格は高くなってしまいます。

 

そこはデメリットになりますが、材料費を安く抑え、
安っぽく見えてしまうコンパクトカーも、
ディーゼルエンジンを使用することで魅力がグンとアップします。

 

 

 

日本国内のコンパクトカーでも、ヴィッツやフィットなんかは、
ディーゼルエンジンを積んでいることで有名です。

 

これらの車種は、コンパクトカーの中でも走り・居住性・馬力などが優れています。

 

しかし、コンパクトカーでディーゼルエンジンが主流な車は、
大半が外国製になります。